バイアグラの副作用について

立ちくらみや失神なんかも

これがまさに気をつけなければならない副作用です。
寝ている状態や座っている状態から立ち上がった場合に、立ちくらみを起こしたり、時として失神などを引き起こす可能性もあります。
一番最初に心臓について気をつけなければならないと書きましたが、狭心症を合併していて、いわゆるニトロ系の薬を服用している人は特に注意が必要です。
というか、そういう人はこの薬を使用してはいけません。
ニトロ系の薬というのは、実はまさにcGMPを産生させる働きがあるのです。
それによって冠動脈の血管平滑筋を弛緩させ、狭心症発作を解消しようとする薬なのですが、もうお分かりのとおり、2つの薬の効果は重複しています。
つまり、それだけ大きな血管平滑筋の弛緩、血圧低下を起こす可能性があるので、一緒に服用してはいけないのです。
ちなみに、このバイアグラは実はもともとは狭心症の薬として開発が進められていたのです。
そちらでは効果不十分であったのですが、一応、ある程度の効果はもちろんあるのです。
ニトロ系の薬と一緒に飲んでは過剰服用になってしまうわけです。

バイアグラは心臓に対する副作用に注意!PDE5についても知っておいて!性的な刺激も重要立ちくらみや失神なんかも

血圧、バイアグラの副作用バイアグラなら【新宿ライフクリニック】