バイアグラの副作用について

性的な刺激も重要

つまり、バイアグラを飲んだからといってそれだけで勃起するわけではなく、通常どおり性的な刺激によってcGMPをきちんと産生させてやらないことには勃起しないのです。
ましてや、この薬には性的に興奮させたり、あるいは興奮を高めたりするような作用は一切ありません。
作用点からしてよく誤解されやすいのですが、この薬の生化学的な作用メカニズムをちょっと知れば何でもないことで、別に不思議な要素などどこにもないわけです。
さて、ではバイアグラの副作用としては何に気をつけなければならないでしょうか。
PDE5の働きを阻害することで、cGMPの働きが強くなることが当然予想されます。
cGMPの働きとしては血管平滑筋の弛緩でした。
これは、別に海綿体だけで起こる作用ではないのです。
全身の血管で血管平滑筋が弛緩することで、思いもよらぬ血圧低下を引き起こす可能性が予想されます。

バイアグラは心臓に対する副作用に注意!PDE5についても知っておいて!性的な刺激も重要立ちくらみや失神なんかも