バイアグラの副作用について

バイアグラは心臓に対する副作用に注意!

バイアグラ副作用ですが、最も気をつけなければならないのが心臓に対するものです。
これは、当然ながら性行為は心臓や血管に負担をかけるからというだけの意味ではなくて、この薬が一体どのようにして作用するかという点、作用メカニズムにその理由があります。
これを説明するには、まずそもそも勃起というものがどのようにして起こるのかを説明する必要があるでしょう。
一体勃起とはどのようにして起こるものなのでしょうか。
それは、性的な刺激を受けることで、cGMPという物質が産生されることから始まります。
cGMPは血管平滑筋を弛緩させる働きがあり、これによって血管が拡張し、海綿体に血液が大量に流入します。
こうして勃起が起きるのです。
もちろんいつまでも勃起したままでは困りますから、勃起を解消させるための仕組みもあります。

バイアグラは心臓に対する副作用に注意!PDE5についても知っておいて!性的な刺激も重要立ちくらみや失神なんかも