神奈川県横浜市港北区新羽町からのセシウム被曝量検査 甲状腺機能検査 報告

内部被曝検査をした人

市区町村 神奈川県横浜市港北区新羽町
年齢 3歳
関係 子ども
性別 女性

セシウム尿検査の結果

セシウム尿検査結果 セシウム134:N/D
セシウム137:0.055Bq/L
検出限界値 0.051Bq/L
検査測定日 2013年07月22日
測定会社

理研分析センター

尿採取日(期間)

0705-0715

内部被曝検査(尿検査)の結果を受けての感想をお聞かせください。

1年前は0.15だったので下がって良かったです。完全に0は難しいと思いますが引き続き気をゆるめずにいたいと思います。外遊びは気になるのですが、園ではどうしても屋外活動が多いので実態は「気にしていない」の生活になってしまっています。

甲状腺機能検査

甲状腺機能状態
検査日2013年04月06日
TSH0.0μU/mL
遊酸トリヨードサイロニン(FT3)0.0pg/mL
遊酸サイロキシン(FT4)0.0ng/dL
T30.0ng/dL
T40.0μg/dL
TSHレセプター抗体0.0%
抗TPO抗体0.0lU/mL
抗サイログロブリン抗体0.0lU/mL
サイロイドテスト0.0倍
マイクロゾームテスト0.0倍
サイログロブリン0.0ng/mL
TBG定量0.0μg/mL
T3摂取率0.0%
医師の診断時のコメントはどのような内容でしたか?

エコーのみの検査です。のう胞はありませんが症例が増えるのはこれからなので年1回は検査を、とのことでした。


原発事故からの食事や給食などの生活状況

3月の福島原発爆発の時にどこにいましたか? いつもと変わらない生活をした
水は その他(水道とペットボトル併用)
食事(食材)は お店で産地を選んで買う
給食は 学校給食
外遊び 気にしていない
牛乳 学校(幼稚園等含む)では飲んでる
今の状態 自宅
ニックネーム

hachi

原子力発電所事故後、内部被曝が原因では?と思える症状でどのような症状がありましたか?。実際に医師の診断がなくても結構です。

2011年の夏に肺炎になりました。もともと咳は出やすいですが一番悪化したのが2011年です。

その後どのような対策をとりましたか?

その頃は関東くらいの野菜は食べてしまっていましたが、その後は産地を選んで買うようになりました。情報不足、勉強不足を反省です。

現在の症状は改善していますか? よろしけば状況をお聞かせください。

年齢的に体が丈夫になっただけかもしれませんがそれ以降肺炎はありません。

検査結果を見ての感想・思い

放射能で増加する甲状腺以外の病気(心疾患など)を調べる機会がないので心配です。


削除
パスワード
修正
パスワード

TPP&GMO反対

このアニメ、日本人全員に見てもらいたい。TPPに入れば、遺伝子組み換え作物でいっぱいの世の中になります。



このエントリーをはてなブックマークに追加