東京都足立区大谷田からのセシウム被曝量検査報告

内部被曝検査をした人

市区町村 東京都足立区大谷田
年齢 4歳
関係 次女
性別 女性

セシウム尿検査の結果

セシウム尿検査結果 セシウム134:N/D
セシウム137:N/D
検出限界値 0.073Bq/Kg
検査測定日 2012年04月23日
測定会社

理研分析センター

尿採取日(期間)

2012年4月11~18日(8日間)

内部被曝検査(尿検査)の結果を受けての感想をお聞かせください。

不検出となり、ひとまず安心ですが、今春4月から私の職場復帰にともない、保育園に通い始め、給食を食べ始めたため今後が心配です。


原発事故からの食事や給食などの生活状況

3月の福島原発爆発の時にどこにいましたか? 自宅待機した
水は ペットボトル
食事(食材)は 西から取り寄せている
給食は その他12年3月までは混合、4月からは給食のみ
外遊び その他保育園では遊んでいる
牛乳 飲んでいない
今の状態 その他保育園
ニックネーム

ゆきちゅ

原子力発電所事故後、内部被曝が原因では?と思える症状でどのような症状がありましたか?。実際に医師の診断がなくても結構です。

11年3月当時、幼稚園に通っていた長女と違い、次女はもっぱら自宅にいました。3月15日も長女の送り迎え以外は自宅に。
5月の終わり頃に、長女のおたふくかぜが感染、6月に溶連菌、12年3月にはインフルエンザB型に罹りました。
また、時々「おまたが痛い」と訴えたり、目が痛いといいます。
肌がカサカサになり、よくかきむしっている。

その後どのような対策をとりましたか?

水は、ハワイウォーター。
食材は、大地を守る会、らでぃっしゅぼーや、はたちょく九州の3社から西のものを取り寄せ。

検査結果を見ての感想・思い

11年4月から幼稚園に入園してからは、週3回給食(産地公開、汚染地の食材は使わないとしている給食センター)と、週2回のお弁当。
今年4月からは、保育園に転園したが、お弁当を持参したいという申し出を断られ、仕方なく給食を食べさせている。牛乳は、豆乳に変更させてもらった。

長女とは違い、不検出であったが、検出限界を下げれば出るのはと思う。
年に一回の検査をこれから続けていきたい。

ゆきちゅさん登録の検査結果

検査日関係検出値
2012年04月09日 長男 N/D
2012年04月23日 長女 0.09 Bq/Kg
2012年04月23日 次女 N/D
※ニックネームとパスワードが同じ検査結果を表示しています。)
削除
パスワード
修正
パスワード

TPP&GMO反対

このアニメ、日本人全員に見てもらいたい。TPPに入れば、遺伝子組み換え作物でいっぱいの世の中になります。



このエントリーをはてなブックマークに追加