神奈川県横浜市戸塚区柏尾町からのセシウム被曝量検査報告

内部被曝検査をした人

市区町村 神奈川県横浜市戸塚区柏尾町
年齢 5歳
関係
性別 女性

セシウム尿検査の結果

セシウム尿検査結果 セシウム134:N/D
セシウム137:N/D
検出限界値 134=0.17Bq/kg、137=0.16Bq/kgBq/L
検査測定日 2011年09月20日
測定会社

理研分析センター

尿採取日(期間)

10日間くらい(2l)


原発事故からの食事や給食などの生活状況

3月の福島原発爆発の時にどこにいましたか? その他3/13横浜→小田原。15日日中のみ横浜一時帰宅。3/19~22京都
水は ペットボトル
食事(食材)は 西から取り寄せている
給食は 学校給食
外遊び 気にしている
牛乳 飲んでいない
今の状態 自宅
ニックネーム

ウサマル

検査結果を見ての感想・思い

最初の1号機爆発後の様子を見て早めに避難したことがある程度良かったのではと推測しています。同じ町の中でもお子さんの尿から0.2~0.4Bq程度の内部被ばくが見つかった方もいるようで悩まれている方もいらっしゃると認識しています。個人的な見解ですが、今の生活の仕方もなにも問題ないとは言えないのかもしれませんが、それ以上に3月当初の被ばくの量が非常に多かったのではないでしょうか。3月の時点で避難等特にされていなければ現在は内部被ばくが減ってきて、その数値が出ているという可能性もあると思うので、一概に今の生活の仕方だけに問題を探されない方がよいのかもしれません。検査して結果が出るのが怖いという親御さんの心情も理解できますが、我が家では年に1回ほど子どもの尿検査を続けてい行くつもりです。今後も事実を直視して対策をとっていこうと思います。


削除
パスワード
修正
パスワード

TPP&GMO反対

このアニメ、日本人全員に見てもらいたい。TPPに入れば、遺伝子組み換え作物でいっぱいの世の中になります。



このエントリーをはてなブックマークに追加