茨城県守谷市からのセシウム被曝量検査 甲状腺機能検査 報告

内部被曝検査をした人

市区町村 茨城県守谷市
年齢 5歳
関係
性別 女性

セシウム尿検査の結果

セシウム尿検査結果 セシウム134:N/D
セシウム137:N/D
検出限界値 0.083-0.088Bq/Kg
検査測定日 2012年01月29日
測定会社

理研分析センター

尿採取日(期間)

2012.1.20~1.22

内部被曝検査(尿検査)の結果を受けての感想をお聞かせください。

甲状腺機能検査

甲状腺機能状態 機能正常
検査日2012年03月31日
TSH1.52μU/mL
遊酸トリヨードサイロニン(FT3)3.7pg/mL
遊酸サイロキシン(FT4)1.2ng/dL
T30.0ng/dL
T40.0μg/dL
TSHレセプター抗体0.0%
抗TPO抗体0.0lU/mL
抗サイログロブリン抗体0.0lU/mL
サイロイドテスト0.0倍
マイクロゾームテスト0.0倍
サイログロブリン21.5ng/mL
TBG定量0.0μg/mL
T3摂取率0.0%
医師の診断時のコメントはどのような内容でしたか?

まったく問題なし。とのことでした。

内部被曝検査(甲状腺検査)の結果を受けての感想をお聞かせください。

2月に都内のクリニックにてWBCと甲状腺の超音波検査、遺伝子損傷マーカー(8-OHdG、尿検査)なども受けてきました。
WBCの結果は、ピークが見られずほぼゼロだろうとのこと(ただし椅子型の簡易機種)。甲状腺のエコーも、のう胞も見られず異常もなく、遺伝子損傷マーカーも5歳児の平均値の半分以下でむしろ状態良好、との診断をいただきました。
甲状腺の血液検査はそのクリニックではしていなかったので、他県の小児甲状腺疾患専門医のいるクリニックへ行き、調べてもらいました。
どちらのクリニックでも「今来るのはかなり気にしている家庭の子が殆どで、問題が見つかることはまず無い。」と言われました。
ただし、甲状腺は症状がでるとしたらやはり数年後とのことで、数年後には再検査はした方がよさそうです。(一番重要な検査は超音波検査だそうです。ちなみに「のう胞」は多くの人に存在し、特に異常なわけではないと二人の医師は言っていました。)
今の時期に検査することは、本来の正常な状態の甲状腺を知ることができ数年後との比較が出来るので、重要なのではないでしょうか。
なにはともあれ、一安心ですが・・・来春以降の学校給食・行事がガンです!


原発事故からの食事や給食などの生活状況

3月の福島原発爆発の時にどこにいましたか? その他15日までは自宅待機、16~18日はマスク着用で登園、19~23日は自宅待機
水は その他(3月22日頃から子供の飲用・炊飯のみペットボトル利用、その他はだいたい水道水)
食事(食材)は お店で産地を選んで買う
給食は 給食とお弁当の混合
外遊び 気にしている
牛乳 産地を選んで飲んでる 北海道
今の状態 自宅
ニックネーム

ろめこ

検査結果を見ての感想・思い

茨城県南ホットスポット在住、2回目の検査です。3月の対処には失敗し、しっかり対策し始めたのは5月に入ってからだったと思います。7~8月は病欠だらけで、覚悟はしていましたが8月頭に検査した際は合計0.5Bq程度ありました。
その後9月頭まで線量の低いところに丸1ヶ月疎開、ペクチン摂取で排出に励み、子供専用炊飯器を購入し古米(北海道産)を子供にだけ食べさせるなどしたことが良かったのか、9月からは健康そのもの病欠ゼロで、この結果になりました。
今回の検査後は、こちらのサイト(統計)を参考にさせていただき、北海道産牛乳→大阿蘇牛乳に、北海道産ミネラルウォーター→九州のものにする等さらに対策強化し始めました。野菜や肉類も出来る限り中国四国以西、魚も回遊ルートをチェックの上購入、輸入品もチェルノブイリの影響の無い国のものを選別するなどしており、極めているうちに最近なんだか楽しくなってきました(笑)
とはいえ、これも幼稚園児だからできること。これからは花粉対策や来年春の小学校入学後の給食や行事などなど・・・今まで以上に頭が痛いです。
今後も尿検査は定期的にしていく予定です。


削除
パスワード
修正
パスワード

TPP&GMO反対

このアニメ、日本人全員に見てもらいたい。TPPに入れば、遺伝子組み換え作物でいっぱいの世の中になります。



このエントリーをはてなブックマークに追加